ピアノ初心者のための音符の読み方


   大人の初心者のレッスン (いきなり 曲からスタート編)
menuへ戻る


  【代表的な失敗例シリーズ その5】


   自分が弾けることと、人に教えることは
   似ているように見えて、全然違います!

   「先生自身がピアノが上手であれば、教え方も優秀!」

   世の中には、そのようなイメージがあると思います。
   しかし実際は? というと・・・・


  先生は 上手なんだけど 生徒は怒られるだけで あまりうまくない・・


   そのような話、よく聞きませんか?
   これはいったいどういうことなのでしょう?

   代表的な失敗例シリーズ その5は

   『大人の初心者のレッスン 曲からスタート編』 です。



  『曲からスタートOK』 を最初から導入してるところは?


   前回の記事 で解説したように、

   『大人の初心者』 の方に、基礎からみっちり! が
   うまくいかないのであれば

   次に考えるのが 『いきなり 曲からスタート』 というレッスンです。


大人になってピアノを始めるなら
子供みたいに 『練習曲』 なんてチマチマやりたくないでしょう?

私は、楽しくやりたいから、基礎なんて面倒なことは避けて
いきなり 『曲の弾き方』 からスタートしたい!

「下手なのに、ショパンが弾けるようになりたい」

といった自分の願いも
『狙った1曲だけの狙い撃ち』 であればできるのでは?

だから、基礎がないなりにも
そういうレッスンで、表面を整える形まではもっていってほしい


   実際、そのようなメニューで、募集を出している教室もありますよね?

   やりたい曲を指定していただければ、
   その曲だけみっちり練習して、弾けるようになりますよ!

   基礎をやりたくない、せっかちなあなたには、こんなメニューもオススメ!


   ……こういうイメージで募集してるところが、大手のピアノ教室で
   ありますよね?

   だから、


  『1曲だけの狙い撃ち』 なら、私でも何とかなるんじゃないか?


   と 多くのかたを、勘違いさせてしまう原因 になっているのですが……

      ・
      ・

   そのようなイメージで募集しているのは、先生本人ではないのです。

   運営している会社が、売り上げを増やすために
   そのようなイメージで勝手に生徒を募集していて、あとは現場の先生に丸投げ。

   自社内で開発した、そのための指導マニュアルを使って教えているのではなく

   勝手にメニューを増やして、
   先生の知らないところで、そういう入会者が生まれている。


   しかし、ちょっと考えてみると分かると思いますが、

   『大人の初心者』 の方が、基礎がない状態からいきなり曲からスタート
   というのは、先生にとっては、指導の負担がものすごく高くなるわけです。

   『練習曲』 だけ渡して、後は自分で頑張ってね! とすることができず
   今度は先生が教えないといけなくなる!

本人が未経験の状態で、いきなり曲からスタートさせた場合でも
挫折させずに成功させるには

『指の訓練』『普段の練習法・ミスのつぶし方』……

すべて、一つ一つ丁寧に、先回りして教えながら

毎回のレッスンでは、大量の質問を受けながら
それに全部答えることになります。



   だから、どんな質問が来ても、全て即答できるように

   個人できちんと 指導マニュアル を整えて
   何が来ても大丈夫なよう、準備した状態で待ってないといけないわけです。

   それでも、本人が未経験の状態 で、上達手順を飛ばして
   いきなり難易度の高いことからスタート してるわけですから

   常に先生が注意をはらい続けないと、
   アッサリ、ルートを外れそうになるわけです。

   ルートを外れそうになるたびに、持てる知識をフルに投入して
   その位置から再び、目的地に到達するように、誘導し直し!


   ……実際にやってみると、レッスンの中身は、とんでもなく難しいわけです。

   普通の先生にできるようなものではなく、難易度SSクラス

   わからないことが多い方ほど、レッスン中の質問も多くなりますし
   さらに、とんでもないところから、弾を撃ってくるのですから。

   だから私も、昔はそういうメニューで受けていたこともありますし
   そのために、上で書いたようなことまで、毎回やっていたのですが

   あまりにも負担が大きすぎるので、もうこのメニューは撤退してしまいました。


  えっ? もう受けられないんですか?


   そのかわり、今は別なやり方を開発しています。

   今やってるレッスンでは、真っ先に 『初見』 を教えて
   初見によって、譜読み期間を大幅に短縮するやり方に変えたのです!

   (練習曲も、短期間で一気に1冊終わらせる)

   こちらの方が、短期間で基礎力がつくうえに、
   『曲の練習』 もうまくいかせられるので、最初に 『初見』 を教えて

   その後は、初見と暗譜のいいとこ取り の 曲の練習法!

   とにかく効率重視で、練習を組み立てるように変えました。

   教える内容も、上達の課程を10段階に整理 して、それぞれの
   段階では、どこまで言って、どこからはまだ言わないか?

   最初から、自分で作ってまとめてあります。

   超初心者のはじめの一歩 から、上級者の 初見大王 までのテーマを
   網羅した、このようなHPを、自分で作ってるくらいですから。



  『曲からスタートOK』 を最初から導入してるところは?


   『いきなり 曲からスタート』 というメニューを出している教室は
   そのテーマを成功させられるノウハウを持ってるからではなく

   そのような 甘い誘惑の香り で、できるだけたくさんの

   「ピアノって、簡単な努力で ショパンも弾けちゃうんだね!」 と

   勘違いした人をどんどん引っ張って、入会させようとしているだけなのです。

   ノウハウがあるから 募集開始 したのではない。

   今までのやり方では、生徒数が頭打ちで
   もっと生徒数を増やして、売り上げを安定させたいから

   今まで無視していた、『ピアノなんて別に興味ない』 という層に対してまで

   こんなに簡単に、うまくいきますよ! 基礎がなくても好きな曲が弾けるんです。
   どうですか? 簡単にできるなら、習いたいと思いませんか?


   と、ターゲットに加えただけ。

   だから実際に習いに行くと、レッスンの現場では旧来通り
   『練習曲』 以外の上達のさせ方を、担当の先生が知らないので

   「基礎をやった方がいい」 と、練習曲のテキストと並行して
   好きな曲をやることが多い……。

   そして結局、あれもこれも! と欲張った結果、どっちつかずになるという……。




  スパルタレッスン編

  
楽譜の読み方
曲の練習法
練習のコツ
代表的な失敗例


  

 LESSON


 子供レッスン サボり編
 練習曲を順番通りに

 子供レッスン 普通編
 どんな指導を受けてる?

 初見がデキナイ編
 『練習曲』 の失敗率が高い

 大人の初心者編
 基礎からみっちりは失敗する

 曲からスタート編
 1曲だけの狙い撃ちは失敗する

 スパルタレッスン編
 自信がないのにコンクール参加


  

   曲の難易度


  難易度のめやす

  人と比べて
  あなたは優秀な方か?



  


  姉妹サイト


  ピアノが上手になる
  超簡単ヒント集


  初見が出来るようになりたい
  ミスも 減らしたい


  
(中上級者向け 姉妹サイト)


  

  作者


  このHPの作者について

  なぜこのようなHPを
  作れるの?



  

  ピアノ教室


  管理人のピアノ教室


  初心者の初見レッスンと
  上級者の表現レッスン
 管理人のピアノ教室
  当HP管理人のピアノ教室です
  楽しく上達するヒントがいっぱい
ピアノ初心者のための音符の読み方
ココを押すと中メニューに戻ります