ピアノ初心者のための音符の読み方


   まずは、楽譜にカナをふってみよう! (入門者向け)
menuへ戻る


    【最低限の音符の知識】
  1. 音符の読み方
  2. 臨時記号 (♯♭)
  3. 音部記号の脇にある♯ (調性)

    難しいことはココまで!

    それでは、実際に、楽譜にカナをふってみましょう。


   


    この 一覧表 と照らし合わせながら、
    鍵盤でその音を確かめながら、「ミ」 とか 「ラ#」 と、カナをふっていきます。


 すべての音にカナをふった方がいいですか?


    カナをふるのは 一部だけ でいいのです。

    たとえば この楽譜を見てください。
    音符を見たときに、直前の音符 と見比べてみると??


    



  ◆ 色の説明

 緑のライン  順に上がる
 青のライン  同音
 黄色のライン  順に下がる


    このように、楽譜をカラフルに グループ分けすると

    一つ一つの音符を わざわざすべて覚えなくても
    起点 にだけ カナをふれば、あとは 1つずつ指をズラすだけ です。


  なるべくグループ分けして、簡単にする!


    いきあたりばったり の覚え方ではなく、
    前後の つながりを見ながら、覚えようとする


    音符を見たときに、直前の音符 と見比べてみてください!


   


    緑のライン を意識しながら 楽譜を見れば、

    その音符が 順番に5つ 並んでるなら、
    鍵盤も同じように、順番に5つ 弾くだけ!

    全ての音符を ドレミ……と覚えるのではなく
    グループ分け できるところは、指のズラし方 で覚える。

    この意識で 楽譜を見るようになると
    ピアノの演奏は、とても簡単になるのです。

           ・
           ・


  楽譜を分析! (ぐうたら、なまけ者の練習法)

  
曲の練習法  ピアノの練習法

 これからピアノを始めたい
   弾けるようになりたいのさ!

 楽譜そのものが壁に
   音符そのものが難しいんだよ


   


 カナをふれば弾けるかな?
 私でも弾ける方法、教えてよっ

 最低限の音符の知識
 知らないと、カナふりさえ間違うぜ

 グループ分けで簡単に
 一つ一つ覚えるよりラク

 楽譜を分析 (自信がない)
 ぐうたら、なまけ者の練習法!

 細かい弱点も見抜きに行く
 お利口、優秀な人の練習法


   



    
  もっと上手になりたい方へ


  もっとスラスラ 音符が読めて
  ミスも 減らしたい

  
(中級者向け 姉妹サイト)

ピアノ初心者のための音符の読み方
ピアノ・エレクトーンの練習