ピアノ初心者のための音符の読み方


   問題は右手の練習です! (初心者)
menuへ戻る


    まずは、左手だけ・・・・

    左手の動きだけなら、1段 弾けるようになりましたか?


    もともと、左手は 音符数が少ない ので、
    反復練習を繰り返せば、すぐに覚えられるでしょう。

    特に、左手の動きが 「ワンパターン」 の曲なら

    練習前の分析で、左手の パターン が発見できれば、
    記憶はずっとずっと楽になります。

    何か 「決まった動きのパターン」 はないか? 注意深く楽譜を見てみましょう。

          ・
          ・

    問題は、右手の練習ですね。

    右手の場合は、練習の前に、ちょっと聞いてほしいことがあります。


 聞いてほしいこと?


    それは、なるべく 鍵盤は見ないで弾く ということ。



  右手 を練習するときは?


    右手ソロ を練習するときは、なるべく、目をつぶったりしながら、

    鍵盤を見なくても弾ける ようにしてください。


 でも、鍵盤を見ないと、弾けません!


    確かに その通りですね。
    でも、これには理由があるのです。

    ピアノの鍵盤は、かなりの横長で、
    右手と左手は、それぞれ 離れた場所を弾いています。

    ・・・・・・ということは、


    片手を見ると、もう片方の手が、見えなくなるのですね。


    仕方ないから、両手を交互に見よう とすると?

    よけい余裕がなくなって、今度は両手とも、混乱してしまう!


 でも、両手を交互に見ながら弾いている人もいませんか?


    ある程度、ピアノに慣れてくれば、両手を交互に見ながらでも、弾けるでしょう。

    でも、今は 初心者 の方向けの話です。

          ・
          ・

    初心者の方は、まだ演奏に余裕がありません!
    目の前の音を間違わないよう、注意しながら弾くだけで、精一杯。

    そのうえ、視線を激しく動かす ことまで加わったら、どうなりますか?

    大抵の人は、もう、脳の回線がショートして、煙がモクモク上がっちゃう!

    だから、右手だけは 最初から見なくても弾ける ようにして、
    演奏の時の、負担 を減らしてあげるのです。


  どうして右手なの? 左手の方が簡単なのだから
  左手を見ないで 弾くようにしたほうがいいのでは?


    【右手を見ないで練習する理由】

  ・ 右手は 利き腕だから、ある程度見なくても動く。

  ・ 音符数 が多く、1つ1つの指の移動幅 が小さいほうが
    かえって正解を当てやすい。


    つまり、右手は、音符数が多いから、指の感覚で、弾く位置を当てられる けど

    左手は、音符数が少なくて、その分 指の移動幅 が大きいから
    常に見ていないと 演奏ミス が起こりやすいのです。


 なるほど~!
 かえって数が多い方が、手元を見ないで、当てやすいんですね!

左手   練習するときは、メロディーを口で奏でながら
  弾いてみる

  歌声でもいいし、口笛でもOK!
右手   右手ソロ を練習するときは
  なるべく、目をつぶったりしながら

  鍵盤を見なくても弾ける ようにする

    もちろん、右手 を見ていいときもありますよ!

    右手が大きくジャンプするときや、左手がたまたまお休みの時、
    あるいは、かなり難しい個所などは、右手をしっかり見る 必要があります。

          ・
          ・


  いよいよ 両手合わせ (タイミングを合わせて押す)
  
曲の練習法  ピアノの練習法

 楽譜が読めなくても
  「ピアニカ」 を演奏しなかった?

 指の位置を見て弾く
 最初は 「覚えて弾くこと」 から

 どうやって覚えればいいの
 普通の人が知らない、コツ

 3つのテクニックで!
 3つの特別な記憶法  (記憶編)

 忘れる前に復習すること
  脳科学に沿った記憶チェック


   

 左手から練習開始
  指番号もきちんと守りましょう

 問題は右手の練習です
 鍵盤を見なくても弾けるように

 いよいよ 両手合わせ
 左手のタイミングを合わせて押す






    
  もっと上手になりたい方へ


  もっとスラスラ 音符が読めて
  ミスも 減らしたい

  
(中級者向け 姉妹サイト)
ピアノ初心者のための音符の読み方
ピアノ・エレクトーンの練習