ピアノ初心者のための音符の読み方


   最初は片手ずつ練習! (初心者)
menuへ戻る


    ピアノが弾けるようになりたい! と思うものの

    そのためには、どんな練習をすればいいの?
    最初は、何から始めればいいの?

         ・
         ・
  私のような初心者は、
  練習は、両手同時に 始めるの? それとも 片手ずつ ?


    初心者 の場合は、片手ずつの練習になります。

    上手な人 なら、いきなり両手でも弾けるのですが、
    初めての方は、最初は 片手ずつ練習!

    それも、なるべくなら 左手 からの練習がいいのです。


  えっ、右手 からじゃないの? どうしてですか?


    クラシックにしろ、ポピュラー曲にしろ、

    大抵の曲は、右手に比べて、左手のほうが 音符数が少ない もの。

    動きが単純 な分だけ、覚えるのも楽になるので、
    右手ではなく、左手からのスタート の方が早くスイスイ覚えられるのです。



  まずは 左手から 練習を始めましょう


    それでは 左手から 練習を始めましょう。

    でも、左手って 伴奏パート だから、左手だけ独立して聞いてもつまらない。

    なので、練習するときは、メロディーを口で奏でながら、一緒に左手を弾いてみましょう。
    歌声 でもいいし、口笛 でもOK!


  え~? 恥ずかしいので、あまりやりたくないな・・・・


    そう思うでしょう?

    でも、これが ビックリするほど効果アリ なのですよ!

    この練習をすることで、両手がそろった時のイメージが、つかみやすくなって

    「両手合わせ」 の練習に進んだときに、ラクになるのです。


  でも、メロディー を口で奏でたら、演奏がボロボロ になりませんか?


    そんなこと言ってたら、
    両手の、バラバラの動きを合わせるなんて、できませんよ?


    これは、両手の、バラバラの動きを合わせるための
    最初の1歩目 でもあるのです!



    だから、練習の最初は、
    メロディーを口で奏でながら、左手だけ 何度も反復練習してみましょう。

    覚え方の基本は、


 1. 楽譜を見ながら覚える
 2. 楽譜を隠して弾こうとする (弾けない)

 3. 楽譜をもう一度見なおす
 4. 楽譜を隠して弾こうとする (少し弾ける)


    こうやって、少しずつ 記憶を重ねていきます


    練習が進むうちに、左手ソロのメロディーも、頭に入ってくるでしょう。

    記憶をしっかりしたものにするためにも、
    左手の練習中は、CDを聴くときも、左手の音に意識を向けて聴いてみましょう!



  指番号は きちんと守ろうね


    もうひとつ、忘れてはいけないことがあります!

    音符にくっつくように、何やら 数字 が見えると思います。

    この 指番号 はきちんと守った方がいいのですが、

    初心者の方は、一つ問題が!


    ちゃんと、5本の指で 弾けないのです!


  人さし指 や 中指 なら、そこそこ動くけど 
  小指や薬指が、どうしても動かないから

  本来、小指や薬指で弾くべきところも、
  ついつい 人さし指や中指でカバーしてしまう。


    ピアノは、5本の指で弾くこと を前提に、曲が書かれています。

    最初は、指もガチガチで、思ったように動かないとは思いますが、

    最初は弾きにくく感じても、なるべく、楽譜の指示通りの指使いで
    5本の指できちんと弾く。

    その意識は、はじめから持ってくださいね。

         ・
         ・


 問題は右手の練習です! (鍵盤を見なくても弾けるように)

  
曲の練習法  ピアノの練習法

 楽譜が読めなくても
  「ピアニカ」 を演奏しなかった?

 指の位置を見て弾く
 最初は 「覚えて弾くこと」 から

 どうやって覚えればいいの
 普通の人が知らない、コツ

 3つのテクニックで!
 3つの特別な記憶法  (記憶編)

 忘れる前に復習すること
  脳科学に沿った記憶チェック


   

 左手から練習開始
  指番号もきちんと守りましょう

 問題は右手の練習です
 鍵盤を見なくても弾けるように

 いよいよ 両手合わせ
 左手のタイミングを合わせて押す






    
  もっと上手になりたい方へ


  もっとスラスラ 音符が読めて
  ミスも 減らしたい

  
(中級者向け 姉妹サイト)
ピアノ初心者のための音符の読み方
ピアノ・エレクトーンの練習