ピアノ初心者のための音符の読み方


   楽譜そのものが 壁になってる (入門者向け)
menuへ戻る


    大人から ピアノを始めたい と思ったとき、

    ピアノ経験者の方からは、

    「まずは 楽譜が読めるようになろう!」 と いかにも簡単そうに 言われます。


    しかし、大人の初心者にとっては

    ・・・・・ そもそも 楽譜が読めないから、今までピアノを諦めていたわけで


  経験者は、「音符が読めるようになろう」 と
  簡単に言うけど、それが私にはできないのです!

    ピアノに挑戦したくても、楽譜そのものが 壁になってた!

    小さい頃から ピアノを習ってきた人はともかく、

    今まで ピアノと 縁のなかった人 にとって、
    楽譜というのは、経験者の想像を はるかにこえる、厄介な存在なのです。



  デキナイ人の視点 (楽譜そのものが壁)


    元々 ピアノが得意な人 には、想像もつかないこと かもしれませんが、

    普通の初心者が、はじめから知ってる音符は、

      ・・・・・ 「ド」  ただ一つだけ


    それ以外の音符は 数えながら


 ええと、ここが 「ド」 だから、レ、ミ‥‥ (3秒経過)
 ああ、「ラ」 か。


    全てがこんな調子!

    この状態の人に、いきなり

    「楽譜を見ながら ピアノを弾いてね」 なんて 本当は言えないのです!

    初心者の人には、音符って 暗号 に見えてるのですから!


   


    ……ほらね、楽譜を嫌がって、目をそらしたでしょう?


    そして、その “暗号解読” には、時間もかかるし 苦労も伴う。

    世の中に 「音符アレルギー」 という言葉が、わざわざあるように、
    初心者の人にとっては

    ピアノに挑戦したくても、楽譜そのものが 壁になっているのです!

    そこを理解できてない人からのアドバイスは、ピントがズレてしまうのです。

           ・
           ・


  カナをふれば弾けるかな? (私でも弾ける方法、教えてよっ

  
曲の練習法  ピアノの練習法

 これからピアノを始めたい
   弾けるようになりたいのさ!

 楽譜そのものが壁に
   音符そのものが難しいんだよ


   


 カナをふれば弾けるかな?
 私でも弾ける方法、教えてよっ

 最低限の音符の知識
 知らないと、カナふりさえ間違うぜ

 グループ分けで簡単に
 一つ一つ覚えるよりラク

 楽譜を分析 (自信がない)
 ぐうたら、なまけ者の練習法!

 細かい弱点も見抜きに行く
 お利口、優秀な人の練習法


   



    
  もっと上手になりたい方へ


  もっとスラスラ 音符が読めて
  ミスも 減らしたい

  
(中級者向け 姉妹サイト)

ピアノ初心者のための音符の読み方
ピアノ・エレクトーンの練習