ピアノ初心者のための音符の読み方


   楽譜の「ド」は 5分で覚えられる (「ド」の覚え方の 解説
menuへ戻る



  楽譜の中の、「ド」の覚え方の解説です。

  これさえ覚えれば

  ト音記号でも、ヘ音記号でも
  もう困りません。

    今まで   のことは、

    「下に 飛び出した音符」 に見えていたと思います。


    しかし、ご存知ですか?

    鍵盤の 「真ん中のド」 って、本当は  楽譜でも真ん中  なのです……



  「真ん中のド」 は 楽譜でも真ん中


    この絵を見てください。


    


    鍵盤の真ん中は、楽譜でも真ん中 ……

    実は、この 音符って2つとも
    どちらも 「真ん中のド」 を指しているのです!


 えっ? 左手も そうなのですか?


    実際に 数えてみてもいいですよ!

     ・・・・・・ から、ドレミファ・・・ と数えると?

    どうですか?


    

 確かに 真ん中のドでした! あれ~ホントだ!


    今まで 知らなかったでしょう!

    これを教わっただけで
    もう、真ん中の音符 は、右手も 左手も 一発で覚えられました!



  さらに 覚える 「ド」 を 増やします (右手)


    続いて、「中央のド」 より (高い音) に向かって、

    覚える 「ド」 を増やしていきましょう!


   

    「中央のド」 から見て、2オクターブ先 の 「+2」 のド を見てください!

    まずは、ラインの上の 「ド」 ……  ここから覚えるのです!

    覚え方は分かりますか?


 分かりません!


    「+2」 のド の覚え方 (こう覚えるとカンタン!)

手順1  加線の数って、いくつですか? (2本ですね)
  
手順2  楽譜の加線が 「2本」 なら? → 鍵盤も 「+2」 のド 
  

    


    たったこれだけなのです。 とっても簡単でしょう?

    次に 左手も簡単になりますよ!



  左手も同じように、簡単になっちゃった!


    今度は左手の、「ヘ音記号」 も行きましょう!

    「中央のド」 より (低い音) に向かって……


  


    こちらも、まずは、2オクターブ下の ラインの上の 「ド」 から覚えます!

    「中央のド」から見て、「-2」 のド  を見てください!


    「-2」 のド の覚え方 (右手の時と同じ)

手順1  加線の数って、いくつ? (2本ですね)
  
手順2  楽譜の加線が 「2本」 なら? → 鍵盤も 「-2」 のド 
  


  あれ? 右手と同じ覚え方だ!!


    よく気がつきましたね!

    今までは、何度覚え直そうとしても、
    「ド」 なのか 「ラ」 なのか混同して、必死に数えてたでしょう?


    でも、今回の説明を聞いた後なら、もう迷いようがありません!

          ・
          ・


   気づいてますか? このページを読んだ だけで、

   ライン上の「ド」 なのに、右手も左手も、一発で覚えられましたよ!


  あれ? すごい!
  これは、ピアノやってる友達にも 教えてあげよう!


    まだまだ 驚くのはここからです!


    次のページに出てくる 音符を2倍速で読む魔法 と組み合わせると、たった1日で、

    両手とも広い範囲の音符がカバーできるようになるのです!

           ・
           ・


  ト音記号の読み方を覚えよう  (音符が 「2倍速」 で分かる魔法)

  
音符の読み方  音符の読み方


 楽譜の「ド」は5分で!
もっと早く知ってれば良かった

 ト音記号の読み方
音符が 「2倍速」 で分かる魔法

 ラインの間の音符は?
頭の速さを、指が上回れた証拠

 ヘ音記号の読み方
今までの苦労って何だったの?


   


 音符がとても苦手です!
これじゃダメじゃん、自分!

 音符がスラスラ読める方法
楽譜を読むスピードが3倍になるぜ

 ソラミファのラインカラー
たった 4色 を覚えるだけ!

 緑がホームポジション
これを覚えればとっても簡単!

 音符と鍵盤を一致させる
音符に、反射的に指が動く!

 いきなり両手で弾けるかな
実際の楽譜にも当ててみましょう!






    
  もっと上手になりたい方へ


  元々、ピアノの経験があり
  さらに上手になりたいと願ってる

  
(中級者向け 姉妹サイト)
ピアノ初心者のための音符の読み方
大人のピアノ初心者